武豊は永久に不滅です

武豊に一喜一憂!!

桜花賞結果 ~池添騎手の勝負強さ~

f:id:keitayu:20170406144015j:plain



第77回 桜花賞

1着 レーヌミノル 池添

2着 リスグラシュー 武豊

3着 ソウルスターリング ルメール


www.youtube.com




~レース後の感想~

圧倒的人気のソウルスターリングは、いつも通りのポジションから競馬。

リスグラシューソウルスターリングをピッタリマーク。

アドマイヤミヤビ、アエロリット、カラクレナイは後方から。

レーヌミノルはソウルの前での競馬。


まず最初に目についたのがアドマイヤ。
デムーロ騎手が途中からムチを入れ始め、これはあかん。と察し。


直線に入り、ソウルがあっさりかと思いきや、いつもの推進力がない。

それを尻目に、レーヌは抜群の手応えで追い出す形となり、この時点でほぼ決まり。

外からカラクレナイが勢いよく突っ込んでくるところに、なんとリスグラシューが伸びてきてるじゃないか!!

ソウルも何とか意地を見せ、カラクレナイを押さえ三着死守。

牝馬三冠レースの第1弾は、池添騎手の勝負強さが光った結果となりました。



今回馬券は買えませんでしたが、レーヌミノルについては、距離が短いほうが向く、やや力が劣るといった印象を持っていて、池添騎手に乗り代わりという情報で、少し怖さは感じたものの、全くのノーマーク。
枠順も関係なしにノーマーク。無視。

てな具合に、選択肢から外していたもんですから、結果オーライといったところでしたな。笑


いやーしかし、池添騎手は勝負強い。
今回は正直マークも薄かったことも勝因でしょうが、完璧に乗りこなしていましたもんね。参りました。
今後は、マイルCに向かうと勝手に思っています。


浜中騎手にとっては、サロニカが取り消し、尚且つレーヌミノルが優勝するという気の毒な結果でしたが、土曜日にミッキークイーンで勝利、その他も複数勝ちがありましたので、また悔しい想いを糧に活躍してほしいと思います。確か復帰するポルトドートウィユも浜中くんだったかな?




リスグラシューについても。

早々に豊さんが促していたため、惨敗かと思ったが、レース後のコメントを見て納得。

しかしまあ、ジワジワ伸びること伸びること。

オークスが楽しみになってきましたな。

GⅠということもありソウルスターリングを中心に狭いところでレースができたのも収穫。
小柄な馬なのに、本当に素晴らしい馬です。

師が極限の状態的な発言をしていただけあって、レース前もチャカチャカしていたらしいですし、馬場のこともあって消耗も多かったと思うので、反動がとても心配。
オークスまでにもう一度、体調、疲労が戻りきるといいのですが…。少し心配。


無事出走できれば、今のところ最有力といっても過言ではないかもしれませんな!



最後にソウルスターリング

全く問題ないと思いましたが案外でしたね。
コメント見ましたがルメール騎手は馬場を原因に挙げておりました。

まぁそれしかないでしょう。

期待していただけに残念でしたが、それでも三着に踏ん張るのですから、まだまだこの世代のトップクラスなのは間違いないですね。

こちらも勝手な予想ですが、マイルに向かうのでは?
カラクレナイもおそらくそちらに向かう形になるでしょうから、そうなるとリスグラシューにとっては最高の形となるでしょうな。

ルメールはソウルがマイルにいったとしたら
アドマイヤに乗るのだろうか?いーなー!ルメール

そのアドマイヤは負けすぎな印象でしたが、オークスなら当然有力。見限れませんな。


あとはファンディーナが皐月の結果次第でどこに向かうかでしょう。



みなさん、お疲れ様でした。