武豊は永久に不滅です

武豊に一喜一憂!!

メモリーズ 1997 牝馬クラシック① ~ぶつかり合う意地と意地~ 

 

f:id:keitayu:20170411145635j:plain

 

 

今回は、メモリーズと題しまして、思い出の世代を振り返っていこうと思います。

 

ところで、カデコリーってどうやって分ければいいんですかね…?

やろうとしてるのですが、出来ず…なんせブログが初めてなもんですから、どなたかお教えいただけたら幸いです。

見てくださっている方がいるかどうかもわかりませんが笑

 

さてさて、本題へ。

 

第一回目は、1997年の牝馬クラシック路線。

この年は私が競馬の「予想」を始めた年でして、とても印象に残っているわけです。

 

とは言ってもバリバリの未成年…どころか少年でしたから、競馬好きの祖父に「ねえねえ、この馬いーよー。」なんて言っていただけなのですが、毎週日曜日が楽しみで仕方なかったのを思っています。

 

 

1997年の牝馬クラシック路線は、2頭の牝馬

意地と意地をぶつけ合う形となりました。

 

この年の主役は

メジロドーベルキョウエイマーチ

 

 

 

メジロドーベルは、父メジロライアン

初年度産駒。

 

デビュー戦を勝利で飾ったあと、一度敗戦を経験し、その後連勝。

 

阪神3歳牝馬S(現在の阪神JF)へ向かいました。

そこに立ちはだかるのは武豊シーキングザパール

 

相当な素質馬と言われたシーキングは圧倒的一番人気。メジロドーベルは二番人気でレースを迎えました。

 

 

youtu.be

 

スムーズにレースを運んだメジロドーベル

最後まで力強く走り抜け完勝。

 

東の豊こと、吉田豊騎手にとっても初のGⅠ勝利となりました。

 

シーキングは四着に敗れたものの

翌年のNHKマイルCを圧勝。

ゴールの瞬間、フジテレビ青嶋アナウンサーの声が裏返る名実況も炸裂し、名馬の仲間入り。

 

残念ながら、当時クラシックに外国産馬への出走が開放されておらず、桜花賞への登録はできませんでしたが、その後は海外GⅠを勝利するなど素晴らしい活躍で競馬界を盛り上げました。

 

一方、女王となったメジロドーベルは、桜花賞へ向けてトライアル「チューリップ賞」に出走。

当然のごとく、ダントツ人気に指示されるも、まさかの三着敗戦。

 

不安を残した状態で、本番を迎える女王に対し

桜花賞で、一番人気の評価を得たのが

キョウエイマーチ

 

ダートでのデビュー戦を圧勝し

二戦目で敗戦後、3連勝。

桜花賞トライアルの四歳牝馬特別では

二着に7馬身差をつける大楽勝。一気に優勝候補へと名乗りを上げました。

 

 

桜花賞当日~

 

阪神競馬場は、雨の影響で不良馬場。

そんな中で、1997年の牝馬クラシック第1弾

桜花賞のゲートが切られました。

 

youtu.be

 

不利といわれた大外枠を克服し、キョウエイマーチの圧勝劇。

メジロドーベルは何とか二着に食い込むのが精一杯。

 

キョウエイマーチの一歩リードという形で

物語はクラシック第2弾「オークス」へと続いていきます。

 

ちなみに、桜花賞のレース動画は、私の大好きな実況アナウンサー、馬場アナのバージョンをチョイスさせていただきやした。ディープの菊花賞で、あの名実況をしたアナです。

まだ声が若い。笑

 

現在はラジオNIKKEIの実況を聞きますが、当時はフジテレビの日曜3時からの放送しか見ていませんでしたから、思い出深いものです。

 

さてさて、距離が2400メートルに延びるオークスで2頭はどうなるのか?

 

結果を知っている人ばかりだと思いますが、懐かしむつもりで次回をお楽しみに!

 

ご静聴、ありがとうございました。