武豊は永久に不滅です

武豊に一喜一憂!!

2017 天皇賞(春)~2強の取捨は?枠順発表前予想~

f:id:keitayu:20170425223433j:plain

 

今年の天皇賞(春)を予想する上で最も重要なのが「二強の取捨」。

これに尽きると思います。

 

どちらも安定感抜群で、崩れるイメージが沸かないというのが大半の意見でしょう。

 

僕も同様の意見です。

しかしながら競馬は何が起こるかわからない。ブライアンとトップガンの時もそう。マックイーンとテイオーの時もそう。

 

崩れても何ら不思議ではないのですな。

 

今回、もしも2頭で決まらない決着があるとしたら、「大逃げ馬」がカギとなるのではないでしょうか?牽制し合う隙に…これしかないと思うのですが、どうもそこまで行く感じの馬がいるイメージも沸かない…。

 

もう一つは、途中で一気に動く馬がいて出入りの激しい競馬になること。

こうなるとキタサンが有利になるのではないかと思います。

 

とまあ、理由をつけて考えてはみたものの、どうも2頭が馬券圏外になることは想像できませんでした。笑

 

ただし、今回、勝つ可能性を考えた時に先に名前が挙がるのはキタサンブラックです。

 

前の記事でも書きましたが、豊さんがキタサンブラックの持ち味が生きる持久力勝負のレースを作りにいくと信じていますし、そうなったときにサトノダイヤモンドの追撃を凌げる馬だとも思っています。

 

結構自信あるんだけどな~。笑

 

 

あとは、その他の馬ですね。

気になっているのは、典さんのゴールドアクターと、福永さんのシュヴァルグラン

勝負に来たときの典さんは恐ろしいですし、大阪杯でもかなりキツイ競馬をキタサンブラックに仕掛けてきていましたからね。

今回は強いゴールドアクターですし、逃げるとかいうよりも、ピッタリマークしてくる気がしています。

でも長距離ですからね。ある程度自由が利く分、豊さんが競馬しやすいポジションを徐々に取っていくと思っています。それにキタサンについていくとしんどくなりそうな気が…。

 

シュヴァルグランについては、福永さんがいつも通りの競馬をするのか、前走のように早く動いていくのかが鍵。

よく着狙いに定評のある等言われていますが、玉砕覚悟なら一気のまくりで勝負してくることも十分に考えられるでしょう。

 

気になるのはこの2頭くらいで、他はレース展開次第で浮上してくる馬がいるかどうかといったところでしょう。

 

枠順発表前予想としては、平均ペースからキタサンブラックがロングスパートでの持久力勝負に持ち込み、サトノダイヤモンドに脚を使わせるという結論で。そうなればダイヤモンドが3着に落ちることもあり得ると思っています。

 

◎ キタサンブラック

〇 サトノダイヤモンド

 

ここ本線に

 

▲ シュヴァルグラン

△ ゴールドアクター

 

あとは、二強についていけなくなった馬達を、後方待機組が差しこんでくるということを想定して

 

△ レインボーライン

△ シャケトラ

 

としておきましょう。どちらにしても堅く収まるはず!

そういうレースが今回は見たい!