武豊は永久に不滅です

武豊に一喜一憂!!

2017 NHKマイルC ~ JRAのデータを活用してやろうじゃないか ~  今年は大荒れ?

f:id:keitayu:20170505013555j:plain


さて、今回はNHKマイルCです!

それではさっそく。

http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2017/0507_1/より


① 単勝人気別の傾向をチェック

過去10年の単勝人気別成績を調べると、1番人気馬が6勝と上々の成績。

しかし、2番人気馬が0勝で、3番人気馬も1勝のみ。10番人気以下の馬が3勝を挙げており、1番人気馬が崩れると大波乱になるという傾向が見て取れる。

また、2着馬10頭のうち7頭は単勝オッズが1桁で、3着馬10頭のうち7頭は単勝オッズが20倍以上だったという点も特徴的だ。




② 前走のレース別成績をチェック

過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、NHKマイルCの3着以内馬の多くは、「桜花賞」・「皐月賞」・「ニュージーランドT」・「その他の関西圏のGIII」から臨んだ馬だった。

ただし、もっとも多い臨戦過程であるトライアルの「ニュージーランドT」を優勝した馬に限れば、2012年の1着馬カレンブラックヒル以外は全て4着以下に敗れている。



③ 最近は内枠の方が好成績

過去10年のNHKマイルCはすべて18頭立てで行われたが、その枠番別成績を2007~2011年と2012~2016年に分けてまとめてみると、2007~2011年の5年間は外寄りの枠から好走馬が多く出ているのに対し、2012年以降の5年間では外寄りの枠より内寄りの枠の方が連対馬が多くなっている。



④ 皐月賞トライアルに出走していた馬に注目

過去10年のNHKマイルCでは、皐月賞のトライアルレースに出走していた馬が2007年と2014年を除く8年で1頭ずつ連対している。

今年も、皐月賞トライアルに出走していた馬を狙ってみる手はありそうだ。



⑤ 重賞での単勝人気にも注目

過去10年のNHKマイルCでは、「2走前までに重賞で単勝4~6番人気に支持されていた」という馬が2007年と2012年を除いて連対している。

該当するレースも着順も様々だが、重賞でそこそこの評価を受けていた馬に注目してみるのもよさそうだ。



☆おまけ☆ 4走前までにオープンクラスのマイル戦を制していた馬が6連勝中


過去6年のNHKマイルCでは、「4走前までにオープンクラスの1600m戦を勝利していた」という馬が優勝している。

3歳マイル王決定戦を制するには、オープンクラスのマイル戦で優勝していた実績がモノを言う、ということなのかもしれない。




ということでした。

①は当日発走前まで把握できず、③は枠順が出てからなので、現状は①③を除いた項目でチェックしていきやしょう!


②、④を一緒にしてしまうと、桜花賞組などはバッサリ切ることになるので別で考えることとし

②⑤もしくは④⑤を満たす馬は10頭。

多いので、②④⑤+おまけの中から3項目該当馬を掘り出してみると…該当は2頭のみ。



プラチナヴォイスとキョウヘイとなりました!

どちらも人気は無さそうですが…

うーん…なんとなく今回は項目に様々な条件がつきしっくりこない部分もありますが、一応いつも通りこの2頭の馬券は買っておこうと思います!

あとは内枠に入ったほうという感じですかね!