武豊は永久に不滅です

武豊に一喜一憂!!

安田記念 ~ 賛否があった武豊の競馬 ~

 

f:id:keitayu:20170510173132j:plain

 

安田記念が終わりました。

 

今回、エアスピネルに騎乗した武豊騎手でしたが、ほとんどの人が想像していた「先行~好位」ではなく後方待機という形になり、直線ではインにこだわった結果、コースがなく、なかなか追い出せず5着に。

 

 

www.youtube.com

 

結果から見ると、逃げて2着に粘ったロゴタイプ以外は全て後方待機組が上位に来たわけですから、「正解」ともいえるわけで。

 

あとは進路取りの差で、外を通ってきた馬が1,3着となったと。

 

「糞騎乗」という人もいれば「空かなかったんだから仕方ない」という人もおり、大変興味深いものとなりました。

 

まあ、ファンの方やアンチの方で言い分も変わるのでしょうが。笑

そういう極端な部分は置いておき、豊さんもレース後、後悔しているのがよくわかるコメントもしていましたね。

 

「後方」にいたことよりも、譲れないポジションを取りのがしたことが一番の後悔なのでしょう。

 

よく「自分のミス」と言わない騎手と言われていますが、武豊TVとかで言っていますからね。

 

「失敗した」とか口にしますし。公式コメントで出さないからでしょうかね。笑

 

あれだけ負けず嫌いの人ですし、失敗もあったのでしょうし、僕自身も見ていて「おおお、そう乗ります?!」と思った部分もありますし、良し悪しについては「どちらもある」という感想ですが、勝つときはあそこでスピネルのところだけ道が開けたりするわけですし、よく豊さんも言いますが「内」にも「外」にもメリット、デメリットはあると。

 

これもよくTVで言っていますが、「先行~好位」にいて「内」を回った方が明らかに有利ということも言葉にしていますからね、豊さんも。

 

ただ外から有力馬を閉じ込めることで勝利することもあるし、それこそ、そんな思うようにはいかないと。大跳びの馬は大外がいいとかね。

 

本当、外から見ているのと実際乗っているのは違うということですね。

これはこれで大変な仕事だなと思った安田記念でした。笑

 

結果については正直残念でしたし、騎乗についても「こういう競馬も見て見たかった」という部分もありましたが、秋も続投で京都に向かって欲しいと思います。

 

宝塚記念だけは、絶対に絶対に1着でゴールすることを信じています。

頑張れ武豊騎手!